• 後悔しないお墓づくり
  • お墓の文字彫刻例
  • お墓ができるまで
  • お墓の大きさと形
  • お墓の名称
  • 石の種類
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 営業マンのつぶやき ここだけの話
  • 耳より情報
  • アウトレット墓石
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
飯盛霊園専用墓石セット
アウトレット墓石 一期一品マンガ すえひろ君の奮闘記vol.1
永代供養墓

当社の携帯サイト
できました
アクセスはコチラ

↓
http://www.suehiro-sekizai.com/m/

お墓ができるまで(基礎工事編)

末広石材では、お墓が建つと見えなくなる基礎や
カロート(納骨堂)の工事に手を抜きません!
大切なお墓の耐震性や耐水性を高めるため、
全面鉄筋入りのコンクリート製基礎工事
すべてのお墓に必ず行っております。
気になる施工方法など、お気軽にお尋ねください。
末広石材のお墓ディレクターがご説明いたします!

資料請求・お問い合わせはこちら
安心と信頼の墓石施工
基礎工事1

1.地面を掘削していきます。

2.20㎝ほど堀下げたあと地固
  めをし、砕石を入れていき
  ます。

3.砕石を墓所全体に敷き詰め
  ます。

基礎工事2

4.基礎を強固にするために前
  面に鉄筋を敷設します。

5.納骨室(カロート)部分の
  鉄筋を取り除いて木枠を組
  み立てます。

6.コンクリートを流し込んで
  より強固な基礎をつくりま
  す。

基礎工事3

7.納骨室(カロート)部分に
  新しくきれいな真砂土を入
  れます。

8.基礎工事の完成です。
  当社ではこの状態でコンク
  リートが完全に固まるまで
  1週間程度の養生期間を経
  て墓石工事に取り掛かりま
  す。

お墓ができるまで(墓石工事編)

基礎工事のコンクリートが完全に固まったら、いよいよ墓石工事に取り掛かります。
大切なお墓だから、末広石材では細部に気を配り丁寧に仕上げていきます。
墓石工事の工程は写真に撮り、建立後、施工報告書として報告させていただきます。
またお客様に実際に立ち会っていただくことも可能です。

墓石工事1

1.墓所に石材をクレーンで下
  ろす作業から始まります。

2.部材をクレーンで吊上げな
  がら一つ一つ設置していき
  ます。

3.部材の接合部分をL字金具
  と耐震用ボンドでしっかり
  接合していきます。

墓石工事2

4.巻石とバリアフリー部分が
  ほぼ完成しました。

5.大切な納骨室(カロート)
  部分は御影石の組石で設置
  します。この上に約800キ
  ロもある墓石を据付るので
  ブロックを使用した施工は
  NGです。

6.芝台(最下部分)を据付て
  ベルトでしっかり固定して
  から上部を組み上げていき
  ます。

墓石工事3

7.下台(3段目)、上台(2
  段目)と組上げて蓮華台を
  設置しているところです。

8.仏石(竿石)以外の据付が
  完成しました。

9.最も大切な仏石は慎重に設
  置します。

墓石工事4

10.耐震用の目地ボンドで
   しっかりと目地を入れて
   いきます。

11.巻石やその他、固定させ
   て設置しているすべての
   継ぎ目に目地を入れてい
   きます。

12.はみ出た余分な目地をき
   れいに除去していきます。

墓石工事5

13.砂やホコリ、ボンドのは
   み出しなどをきれいに拭
   き上げて完成です。

14.墓石には開眼法要(魂入
   れ)の当日までさらしを
   巻いておきます。
   これは「他の魂が入って
   しまう事を防ぐ意味があ
   る」と言われています。

資料請求・お問い合わせはこちら

墓地を選ぶポイント

条件
宗旨・宗派の条件は霊園・墓地によってさまざまです。
属する宗旨・宗派はなにか、今後どうしたいかなど決めていきましょう。
例えば、寺院内墓地でお墓を購入するときは、檀家になりお寺を支えていくのが基本です。
最近寺院の中には他宗派を受け入れるところもあります。
ご確認の上、申し込みましょう。
立地  
墓地は生涯に何度となく訪れ、また将来ご自身もそこに眠るわけですから、
お参りや仏事にあたって、子供や親戚、友人が訪れやすい場所であることも重要です。
距離
墓地までの距離は片道2時間程度が限界だと言われています。それ以上遠いとお参りが苦になり、
疎遠になりがちです。そのために、お墓のお引っ越しをされる方が増えてきているのが現状です。
また、交通機関が充実していても、バス停や駐車場からの距離も確認しておきましょう。
大型霊園等では、車を駐車してから10分や15分も歩くことがよくあります。
交通手段
お墓までどのようなルートで行けるのか、車・電車・バス等のルートをそれぞれ調べておきましょう。
最近では、車でお参りされる方が増加しています。
お参りされる時期は重なりますので、道路混雑具合を重視する傾向にあります。
帰り道で行楽や食事に訪れるにも車での移動が便利なようです。
環境
墓地の環境は最も大切なひとつとなります。日当たりがよく、風通しがよく、水はけのよいところが理想とされています。また、水汲み場の位置・ゴミ箱等も確認しましょう。
できるだけ階段や段差のない場所を確保されるほうが、将来的にだれもが年を重ねて
いく中で、負担が少なく、お参りもしやすいと考えられます。
管理
管理組合や管理事務所があるなしでは、霊園内の環境が大きく変わります。
園内の清掃や設備にも大きく影響をもたらしますし、管理事務所がなければ、納骨や名義変更等の申請を、どこにどうすればいいのか困惑します。
設備
墓所によりそれぞれの違いはありますが、管理事務所・トイレ・水汲み場・休憩室・駐車場・売店等は
最低限ほしいものです。
突然お墓参りに行きたくなっても、売店があれば、線香・ローソク・お花など購入可能です。
資料請求の方・ご質問等はこちら
また、下記のフリーダイアルでも受付けております。
お気軽にお問い合わせください。